ここが勝負の分かれ目!

本、サッカー、ゲームの”勝負の分かれ目”を綴ります。

【TFT_Ver_9.16】チームファイトタクティクスの上達用メモ

こんにちは。

サタン(@Satan_0707) です。

 

f:id:satanz:20190818172855p:plain

 

年末年始の「Dota auto Chess」リリースから、たくさんの「オートチェスジャンル」のゲームがリリースされました。僕は今のところLeague of Legends(リーグ・オブ・レジェンズ)のオートチェスであるTFT(チームファイトタクティクス)が一番お気に入りでプレーしています。※もちろんAuto Chessも好きですが。

 

今日はTFT Ver9.16でプラチナランクに昇格したので、自分の思考整理を兼ねて情報をまとめようと思います。これからランクを上げたい人にとって、どこから、何をインプットすればいいのだろうか、という手助けが出来ればうれしいです。

 

目次

 

ーーー

 ■環境のポイント

パッチ9.16のポイントは新種族の追加です。

今パッチの目玉は新オリジン「ヘクステック」、そして同オリジンの新チャンピオンであるカミール、ジェイス、ヴァイ、ジンクスです。「ヘクステック」はキャリーチャンピオン1体にアイテムを集めた相手への有効な対策となる特性ボーナスを持ちます。一方で対戦相手がヘクステック特性を組んでいる場合には、自チームのアイテムを複数チャンピオンに分散させて妨害効果を軽減する必要が出てくるでしょう。

チームファイト タクティクス パッチノート 9.16 | League of Legends

これまで対戦相手のチャンピオンが持つ”強いアイテム”には、一切干渉ができませんでした。そのため強いアイテムをたくさん持っている相手には、手も足も出ないという歯がゆい思いをしてきた人も多いと思います。今回の「ヘクステック」は対戦開始8秒間という制限付きですが相手のアイテムに干渉できるようになりました。逆に言うと相手にも干渉される、ということは大きな変更です。

 

 

 

 

■環境上位の構成

f:id:satanz:20190818174017p:plain https://lolchess.gg/metaより。

 

ブローラー4とヘイステック2を軸に、シェイプシフター3を混ぜたり、ヴォイド3を混ぜたり、ソーサーラー3を混ぜるのがTier Sとされています。プレーをしてみると感じるのは、ヘイステックへの対応が出来るプレイヤーと、出来ないプレイヤーでまだ差が出る環境ということ。アイテムを無効化していると間に押し切る構成が上位を占めています。メタが回ると、アイテム無効化されている時間をシナジーで耐えて、長期戦に強い構成が上位にくるのではないか、と僕は思っています。以下、Twitterで見かけたプレイヤーの声。うまい人の構成案は選択肢の一つとして、頭の片隅に入れておくのが吉。

■強いアイテムの把握

 

 

赤バフ
炎上ダメージ:5秒間かけて敵の最大体力の13% ⇒ 10秒間かけて敵の最大体力の20%

チームファイト タクティクス パッチノート 9.16 | League of Legends

 

パッチ9.16では、レッドバフが猛威を奮っています。そのため通常攻撃が拡散するグレイブスに人気が集まっていますね。射程を伸ばすRFC(ラピッドファイアーキャノン)も人気。

 

■まとめ

  • TFT パッチ9.16は、ブローラー4とヘクステック2を混ぜる軸が強い。
  • アイテムではレッドバフを有効活用出来ると序盤、中盤で有利
  • ヘクステックを使っているプレイヤーがいる際は配置に注意。

 

以上。それではまた!