若手マネージャーの不安

毎日、若手マネージャーが不安なことを綴ります

FCミッティラン(デンマーク)がどうなるかは、マネーボール後のスポーツの進化が問われる!

 こんにちは。サタン(@Satan_0707) です。

 

f:id:satanz:20180725070626p:plain

FCミッティランというデンマークのクラブは知っていますか?その昔、クーリエジャポンで下記の特集を組まれてから、僕はチェックしています。今はかのオランダ代表で活躍したファンデルファールトも在籍しています。

 

courrier.jp

 

↓面白い取り組みの一部を紹介。↓

なぜならこのクラブでは、トップがデータアナリストだからだ。データ革命がトップダウン方式で進められているのである。

アンカーセンがFCミッティランの会長に就任したのは2014年の夏のこと。彼はアナリスト集団とともに、ミッティランに大きな変化をもたらした。このクラブの補強方針は、アルゴリズムが「過小評価されている優れた選手」と弾きだした選手を獲得するというもの。試合の反省も、数理モデルを使って行われる。

また、フリーキックに関する一大科学プロジェクトが進行中といえばいいだろうか。毎月、セットプレー会議なるものが開かれ、選手と担当コーチとアンカーセンが出席するほか、外部から専門家が呼ばれることもある。

 

先日のFIFAワールドカップロシア大会では、イングランド代表が総得点の内8割以上をセットプレーから奪い話題になりました。既存の”ボール扱いが上手い”選手がイイ選手という概念を打ち破り、本当に価値のある選手、プレーとは何なのか、という観点でサッカーを見直す経営者、監督たち。

 

www.footballista.jp

number.bunshun.jp

 

FCミッティランのカテゴリーも作ったので、また情報を見つけたら更新しようと思います。

 

それではまた!