読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昼寝最高

毎回、休日に昼寝した後のイイ気分でブログを書きます。

僕の母はいつも唐揚げを温め過ぎちゃう話

こんにちは。サタン(@Satan_0707) です。

 

世間はゴールデンウィークですか。でも、そんなの関係ねぇ!という勢いで昨日まで仕事でした。今日、明日、明後日は休みなので、朝からブログ更新です。

先日久しぶりに実家に帰ったのですが、その時の様子を忘れたくなかったのでブログに記そうと思います。

 

 

帰った理由は何てことはないのですが、単身赴任をしている父が実家に帰ってくるという連絡が入ったため。僕も父に合わせて実家に帰りました。ところがどっこい、21時半頃に実家に着くと父は既に爆睡中。母曰く、「明日釣りに行くから早く寝たよ」とのこと。なんてこったい、と思いながら薄暗いキッチンでビール飲みながらスマホをいじっていると母が絡んできました。絡んできた、という言い方は適切じゃないな。おつまみをこれでもか、と連発で出してくれました。お刺身、唐揚げ、手羽先、肉じゃが、などなど。明らかに一人じゃ食べきれないだろ、という量でした。

 

僕もオリジン弁当で唐揚げを買って来ていました。さすがに用意してもらったおつまみ+オリジン弁当の唐揚げを全部一人で食べると良くないな、と思い電子レンジの近くに居た母に紅しょうが入り唐揚げ以外を温めてー、とパックを手渡しました。紅しょうが入りの唐揚げなんてあるのね、と言いながら母は電子レンジを操作してくれました。電子レンジがブーーンと音を立てながら、父、母、僕の3人の間に電子音が流れます。そんなに長い時間では無かったけど、その電子レンジが仕事をしている間母からの視線を感じました。何を話すわけでもないけど、顔を合わせて、椅子に座って顔を見る。僕がしたことはそれだけでした。ただ、それだけなのに母は嬉しそうな顔でそこに座っていました。

 

電子レンジが仕事を終えた音がすると、その静寂は遮られ、母は電子レンジから唐揚げを持ってきてくれました。僕はいつも一人暮らしの部屋でするように、唐揚げとビールタイムへ入ります。母が「もう寝るわー。」と席を立ったので僕も「おやすみー。」と声を掛ける。一人になったキッチンで、温まった唐揚げとキンキンに冷えたビールを飲みながら僕は最後に実家に来た日を思い出しました。多分、母に会ったのは、年末年始以来だな、と。・・・・ということは2017年になって5ヶ月も経つのに、母に会ったのは2回目・・・・

 

こりゃ良くないなぁ、と思いながら唐揚げを口に運ぶと、折角のオリジン弁当の唐揚げが温めすぎて固くなっていました。そうだ、思い出した。僕の母はいつも唐揚げ温め過ぎちゃうのだ、と。温める際は「ちょっとでいいからね。」って言わないといけないのだった。そんなことも忘れちゃうくらい実家から、母から、僕は離れて日常を暮らしている。そんなことがあったので、意味も、用事もなくても、実家には定期的に帰ろうと思った話でした。

 

若鶏の唐揚げ(塩ガーリック味)

www.toshu.co.jp ※画像はオリジン弁当の公式サイトより。

 

それではまた。