昼寝最高

毎回、休日に昼寝した後のイイ気分でブログを書きます。

【映画メモ】『美女と野獣』が最高に良かった話

こんにちは。サタン(@Satan_0707) です。

日本での公開初日である2017/4/21の朝一番で見て来ました。

 

www.disney.co.jp

 

ストーリーはアニメーション版や、劇団四季の舞台とかでも見たことあると思うので割愛。良かったなぁ、と思ったことだけをネタバレしないようにつらつらと。

 

 

絵として”エマ・ワトソン”が美しい

f:id:satanz:20170428105346j:plain

※画像は公式サイトより。

 

主人公ベルと言えば、ディズニーアニメーション版でも人気のヒロインですよね。エマ・ワトソンが”ベル”をどのように表現するか、すごく期待していました。結論から言うと、最高。困った顔したベルも、嬉しい顔したベルも、エマ・ワトソンの”ベル”でした。

 

音として”エマ・ワトソン”が美しい

今回の作品でエマ・ワトソンが劇中の歌うパートにもチャレンジしています。よく歌うパートだけは歌手が吹き替えたりすることがありますが、今回はエマ・ワトソンが自ら歌っていました。上手い下手は僕には分からないけど、自然に聞き入っていました。他の出演者のミュージカルパートも素敵でしたよっ。

 

 

空気として”エマ・ワトソン”が美しい

ハリーポッターのハーマイオニーだった時代の美少女から、まっすぐキレイになったエマ・ワトソン。

f:id:satanz:20170428110904j:plain

『美女と野獣』でも立っているだけ、座っているだけ、悲しい目をしてるだけ、それだけで美しい。エマ・ワトソンがスクリーンにいるだけで幸せな気持ちになる。エマ・ワトソンすごい。ぜひ、スクリーンで観てくださいなっ。

 

次はAtmos上映で観てみたいなぁ。

 

それではまた!